女性の象徴

セクシーな唇

乳房再建費用の傾向について

乳房再建とは乳がんによって乳房を切除した場合に、乳房を再建する事ができる治療方法です。乳がんになってしまい乳房を切らなければいけなくなると、女性はとても辛く悲しい思いをしてしまいます。乳房再建はそんな女性に新たな希望を与えてくれる方法なのです。乳房再建にかかる費用ですが、自家組織による再建やインプラントによる再建があり、どちらも健康保険が適応されます。大体30万円ほどが相場ですが、高額療養費制度を利用した場合には8万円から10万円程度の負担で済むのです。乳房再建はインプラント再建も保険適用になったため、比較的低価格の傾向にあります。そのため保険内で美しいバストを手に入れることができるようになったのです。

1895年頃から乳房再建の取り組みが行われていたと言われています。画期的な方法が発見されたのが1964年のことです。シリコンバッグを用いた方法ですが、当時は様々な問題が生じていたのです。1906年には背中の皮と筋肉を使って乳房再建が行われています。そして現代ではエキスパンダーを挿入して食塩水を注入し、皮膚を伸ばしていきます。その後シリコンインプラントを挿入したり、また背中やお腹など自分の組織を使って乳房再建する方法から選ぶ事ができるのです。乳頭や乳輪を作り出すこともでき、より自然な乳房を手に入れることができるようになっているのです。乳房再建は様々な人達の努力と研究によって新しい方法が開発されてきたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加